​きくらげ料理の数々

※生の「きくらげ」は必ず加熱処理をしてから食べてください。

※「乾燥きくらげ」は、必ず水などで戻してから加熱処理をして食べてください。

★乾燥品を戻した戻し汁の中には栄養素が溶け出しています。煮物などの料理に使用してください。

きくらげ キクラゲ 木耳